ワタリドリのブログ

趣味で小説やイラストを投稿させていきます。

二福神車、からくり演技!(那古野祭り!⑥)

昨日に続いて、二福神車の山車の版画です。二福神車のからくりは、七福神のうち、恵比寿と大黒の二福神が乗っている事から、つけられた名前らしく、祭りの時は道路や神社のあちこちに止まっては、誰が観ていようがいまいがおかまいなしに演技を披露するのだそうです。二人が周りを見渡して、恵比寿が鯛をつりあげて、大黒が手に持っている打ち出の小槌で、宝袋を割るとふたつに割れた袋から、折りたたんであった宝船があらわれて、左右に方向転換しながら、どんぶらこと揺れながら進んで、すごく縁起の良いからくりだと言われています。お正月向きの演技かな。たまに、宝袋の中に白い鳩を隠しておいて飛び出させる時もあるようです。なんだかからくりの構造をみると童子の前人形が桃太郎のようですね。ちなみに黒い顔の大黒さまは、まばたきもするようです。(*^_^*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。