ワタリドリのブログ

趣味で小説やイラストを投稿させていきます。

真夏の夜の悪夢!

オリジナル小説「少年の嵐!」の挿絵用に描いたものです。
前回、大介に海に落とされてサメの餌食になりかけたトラウマのせいか、のぶおはその夜、恐ろしい夢の形となってその記憶がよみがえってきました。暗くて不気味にひんやりした海底をひたいと手持ちのライトをたよりに歩いていると身体中藻のようなものをつけた奇妙な人間たちと驚いてしりもちをついたのもつかの間、巨大な青いうみがめのようなネッシーみたいな怪物の顔と目があいそのするどい牙に恐怖で硬直して動けなくなりました。足元の黒い泥底には人の骨のような残骸でいっぱいあふれていました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。