ワタリドリのブログ

趣味で小説やイラストを投稿させていきます。

蟲たちの季節!

オリジナル小説「蛇の眼の少年!」の聡です。


前にひと足早く海路少年を発表してしましたが、本編の主人公としてはこのの彼になります。
生まれた時から父親の顔も知らず母とその祖父母の家で育ってきた椹木聡(さわらざきさとし)は小さい頃から周りの友達と遊ぶ事もせず、引きこもりにちかい少年だった。頑張り屋の母の香里(かおり)はパートに忙しく、ひ弱であまり外出をしたがらないおとなしい祖父母と家で過ごす時間が長かったせいか、協調性に欠けていた。


小学校6年ぐらいからネットのある生活に慣れて行き高校になった今年は通信制のあまり通わなくてもよい学校を選んでいた。


山に近く電車の駅には遠かったせいもあり、母と聡だけ祖父母の家からさほど遠くない駅近の古いアパートを借りて住むことに・・・。


そのアパートの二階には先住民の海路というまだ小学生の父子家庭の親子がいて・・・。


母子家庭と父子家庭、過保護に育ってきた聡とあまり愛情を受けられずたまに父親のストレスで叩かれたりして育った海路。
少しミステリアスな風味の強い作品ですが、いずれゆっくりとイラスト小説で描いて行きたい作品のひとつです。皆様、よろしくお願いいたします。<(_ _)>
イラストは7月のカレンダー風に描いた聡です。タイトルにかけて蛇のようなするどい眼をしています。版画を用いています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。