ワタリドリのブログ

趣味で小説やイラストを投稿させていきます。

二福神車、道行き!(那古野祭り!⑤)

しつこいですが、那古野祭り!の続きでこちらは、名古屋で有名なからくり山車です。版画のインクで汚れてしまいました。年によってちがいますが、那古野祭りにも参加で、名古屋駅の方からはるばるとビルの間を青年衆が、前棚でしきを取るはたきを両手に持った子供のざいふり人形を合図に、お囃子と並んで、数人で持ち上げたり、向きをかえたりと威勢のいい声で祭りを盛り上げてくれます。今年はこの1台だけ参加したみたいですが、3台の時もあるようです。どこの山車も屋根を上げた高さは、大体5~6メートルで、中に、お囃子の人10人と人形を動かす人7人で20人前後乗る事があるようです。山車だけでさえ思いのにそれだけの人が入ると、重さは5トンくらいになって、それを、引きずったり持ち上げたりしたらかなり重いみたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。