ワタリドリのブログ

趣味で小説やイラストを投稿させていきます。

それでも太陽は赤く染まる!第7回「新入生たち!」

新学期、思考停止から解放されても、なかなか気分が戻らないひとし。それでも時間は進み体育館でちょくちょくと始業式が行わられて・・・。


第7回 「新入生たち!」


体育館での朝礼は新入生や在校生代表による歓迎の言葉や決意文など去年ひとしたちがしてきたこととあまり変わらなかった。


外から桜の花びらが舞う、穏やかな空気の漂う始業式。


76名の新入生たちと新任の先生方を校長先生が紹介しているなか、ひとしは無意識にさやかがどこにいるか目で追ったりと担任に見つからないように腰をかがめてみたりしてみたが、沢山の制服姿にまぎれて結局どこにいるのか見つけられなかった。


前の方で少し落ち着きのない男の子がきょろきょろと周りを興味深げに見回している様子が見えたが、まだ小学生離れしていない子供なんだなと1人無表情で納得するひとし。


その時、何気に先ほどのさやかとの会話を思い出して・・・。


ひとし
「そういえば、入学式の日って役員以外、在校生は全員参加じゃなかったような気がする・・・。インフルエンザでずっと休んでたから確かな事は分からないけど。始業式の日時だけは学校から電話があったってお母さんから聞いて知ってたけど。でも僕が去年入学式の時在校生なんてほとんどいなかったからそんな気がする。だとしたら僕がいなくたって当たり前じゃん。(-_-)さやかのやつ早とちりしたな。それとも今年から全員参加になったとか!卒業生を送る時は全員参加だったし・・・。もう、どうだっていいか・・・。」


やりきれなく再び心の中でくだらない事をつぶやくようにため息をもらすが、同時にみんなの歓迎の拍手の音にまぎれてそのため息はむなしくかき消されてしまう。


ひとしはなんだか自分の存在もかき消されてしまったような気分になっていた。

それでも太陽は赤く染まる!第6回「思考停止!(-_-)」

さやかとその仲良さげな男子生徒、ささやかな楽しみの学校生活が始まるはずだった矢先の、その急な展開にエネルギーを使い果たしてしまったひとし・・・。目の前は真っ暗です。
第6回 「思考停止!(-_-)」


新学期の校外で新入生のさやかとさやかとなれなれしく親しげな男子生徒に対するやきもちの一件、(僕)ひとしの頭と心の中は嫉妬に似た熱い太陽の炎で全焼してしまったらしく、思考回路が完全にショートして機能不全をおこしていた。
まあそのおかげで2年A組の新しい教室でもほとんど緊張せずにあいさつをしてくれる同級生たちに自然と返すことができたのだけど。
でも存在感が薄いせいか春休み前からインフルエンザをこじらせてずっと休みがちだった事を聞いてくる知人は誰もいなかった。小学校の頃からの幼なじみや一年の時に一緒だった子たちが何人かいたけど、とりわけ親しかったわけではない。


ひとしがため息まじりで窓側のはしの席に座るとタイミングよく同時にチャイムがなった。


新しい担任の先生は理科の山岡俊之と言う人で動物が大好きらしい。僕も魚が好きだからひょっとしたら話しがあうかもと思ったが一年の頃から先生の授業さえ赤点続きの成績だったからそれどころではないかもしれない・・・(;´д`)トホホ。一年の時の美術の節穴先生程じゃないけど怒らせたら何かと熱血感のある風格を感じるから、できればあまりかかわらないようにしたいな・・・。


本当に久しぶりの学校で新学期という感覚があまりない中、ひとしは先生の話しも上の空(思考回路が停止しているからも含め)でずっと外を眺めていた。遠くに名古屋のテレビ塔が見える。


ひとし
「今日は金曜日か・・・。そろばんの帰りに自転車であそこまで散歩してみるかな・・・。」


すっかり自分の世界に入ってしまっているひとしを置き去りにして、体育館で朝礼をするらしくみんなばたばたと一斉に立ちだす大きな音が・・・。
瞬間、停止していたはずのひとしの思考も一斉に蘇った。


ひとし
「はあ~、やだなあ~。(-_-)」

それでも太陽は赤く染まる!第5回「心の奥の熱と太陽!」

新しく新入生の後輩になる少女、さやかと出会って穏やかな風が吹き始めていたと思っていた矢先に・・・!


第5回「心の奥の熱と太陽!」


新入生のさやかと会話に華が咲いていたひとし。そこへ話しを割るように遠くからお~いとさやかを呼ぶ男子生徒の声が・・・。
降り向きざま声のする方へ嬉しそうにかけて行くさやか。その表情はかなり親しげな相手に対するような愛おしさと喜びの眼差しに満ちているようにひとしの目には映った。
太陽の光りに反射されて相手の男子生徒の顔はあまりよく最初は見えなかったが、とても仲良さげに笑ったりふざけてこずきあったりしている二人を眺めているうちに、ひとしの胸に熱い太陽の熱の塊のようなものが走った。
そして無意識に目を細めると桜の木の木漏れ日の微妙な光りのすきまからようやく二人の顔がはっきりとみえた。


男子生徒はひとしが見覚えのある顔だった。